ぱぱちぇの心も身体も健やかになるブログ

40代男子のつぶやきに付き合ってください。

株主総会で何かが起こった!

会社で株主総会がありました。

 

取締役たちが4人降格

仕入先との不正なお金のやりとりがあったそうです。

 

詳細について、ほとんどの社員は知りません。

 

聞くところによると、仕入先にカラ発注して不正なお金を還流して、それに気が付いた誰かがグループ会社に告発したそうです。

 

まるで、半沢直樹の世界。

 

社長は自身の知らないところで、私腹を肥やしていた取締役たち不正のとばっちりを受けた形で解任

 

これがトップの処遇と言えばそれまでだけど、現場に寄り添った情熱的なところがあっただけに残念でなりません。

 

株主総会の前日、社食で昼食を食べていたことを思い出すと、

悲哀を感じると同時に、不正をしていない自分がここにいて何が悪いという意地だったのかもしれません。

 

平社員たちが、窃盗やパワハラや金銭貸し借り強要があった時は、掲示板にA0用紙でデカデカと貼り出して

全社員にその悪事を知らせるにもかかわらず、

取締役たちは彼らの不正の詳細を社員たちに知られることなく…

 

ひっそりと会社を去ったS元執行役員

その他3人は主査と言う部長次長以下課長以上のなんともふわっとした立ち位置に落ち着く

 

不正を犯しても居続けるなんて、自分とどうやって折り合いをつけるんだろう。

 

俺は悪くない。悪いのはSだ。

Sの指示に従ってやらざるおえなかっただけだ。とでも自分を言い聞かせているのか?

 

断るチャンスなんていくらでもあったでしょ。

「これ法令違反ですよ」と一言いえば良かっただけのことだと思います。

 

どうせなら平社員まで降格させろよ!と思いますが、悪事働いてもそれなりの立ち位置が保証されるなんてなんともい会社だねと嫌味を言いたくなる。

 

 

そして僕が最も憤りを感じるのは、人事部の部長だった奴が悪事に加担していたという事実。

 

彼は僕の昇格試験の試験官で、昇格不承認と判断した男です。

 

思い返せば、面接がうまく行かなかったから落ちた事は甘んじて受けるとして、社会人としての道徳や倫理もないような奴に判断されたこと自体が腹立たしい。

 

何か会社でコンプライアンスだの法令遵守だのと言っている側の人たちが、実は裏で裏腹なことをしていたことに脱力してしまう。

 

そういえば、昇格試験の面接の最後に、不正に加担したやつから

「最後に何か言いたいことはありますか」と聞かれたことを思い出す。

 

今なら「弊社はコンプライアンスについてどう考えてます?」と問いたい。

 

 

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。