ぱぱちぇの心も身体も健やかになるブログ

40代男子のつぶやきに付き合ってください。

【昇格試験】胸の痛みと手をつないで明日の迎えよう。

昨年の昇格試験に落ちた者同士が廊下ですれ違いました。

 

彼は通称てらちゃん。比較的寡黙で仕事が丁寧な人です。

 

 

僕「今年、昇格試験受けるの?」

 

てらちゃん「受けますよ。ぱぱちぇさんはどうですか?」

 

僕「もちろん、受けるよ。今年は受かるよね。」

 

てらちゃん「昨年、面接でダメだったところを重点的に対策すれば大丈夫かと…」

 

僕「そうだね。そして受かりましょうねお互いに。」

 

てらちゃん「受かりましょう。」

 

僕「結局、わかったことは、昇格試験落ちた悔しさは、昇格試験でしか晴らせないよね。」

 

てらちゃん「そうですね。」

 

僕「頑張りましょう。」

 

そんな会話を交わし、再び反対方向のそれぞれの仕事先に向かいました。

 

彼も僕も面接で失敗した思いがあるので、お互いにお互いの気持ちがよくわかります。

 

面接途中でダメな流れになると、全然太刀打ちできなくなることを昨年学びました。

 

今年は昨年の経験があるので、十分に準備して、この悔しい経験を生かしたいものです。

 

そして、昇格試験に落ちた悔しさは、昇格試験でしか晴らせない。

 

こんな単純なことに気が付いたのは、今年の昇格試験の話が来た時でした。

 

あれ、これ受かれば昇格試験に落ちた屈辱やモヤモヤ感から解放されるじゃん。

 

ガゼンやる気が出てきました。

 

そんな時、僕の大好きな歌のフレーズを思い出しました。

 

「胸の痛みと手をつないで明日の迎えよう。」

 

昇格試験に落ちた悔しさと素直に向き合って、これからの試験に備えよう。

 

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。