ぱぱちぇの心も身体も健やかになるブログ

40代男子のつぶやきに付き合ってください。

MENU

【必見】仕事の頑張りが〇〇年後の給与格差で現れる【メーカー勤務のリアル】

新入社員教育アドバイザーの ぱぱちぇです。

 

ルーキーの教育に立ち会うと、あらためて感じさせられることがあります。


俗に言う、ホウレンソウ、報告・連絡・相談が大切ですよ。
納期を守らないと、仕事は回らないですよ。
主体性をもって仕事を取り組まないと面白くないですよ。
積極的に動いて、周りを巻き込んで仕事を進めましょう。
などなど、自分も抜けていたかなと思うことがあります。


あらためて、初心を思い出して仕事に取り組んでいこうと思い直しました。

 

会社生活で大切なこと

職場の環境に慣れなければ仕事もうまくできません。
その前に、以下の基本的なことをできるようにしましょう。


・大きな声であいさつする
・わからないことをわからないままにしない。その場で質問して解決すること
・間違えたら素直に謝ること
・職場のルールを覚え、守ること

まずは、あいさつを欠かさずにです。

「おはよう」「お先に失礼します」を言うだけですから簡単です。

是非、実践して会社生活に溶け込んでほしいです。

 

仕事で頑張った人が行きつく先

仕事で成果を出すためには以下のことを守らなければなりません。


・Quality:品質
・Cost:原価
・Delivery:納期
・Safety:安全
・Morale:モラル


仕事の質を上げ、効率よくものを作り、納期を守り、安全確保し、ルールを守る。


当たり前のことですが、なかなか全部を守れている人も少ないです。
逆に言えば、これらを守り周りと協調して仕事を取り組めている人は、上司から評価されるので、意識して仕事に取り組んでほしいです。

 

新卒の場合

以下に、仕事を頑張ったAさんと、主体性なく仕事に取り組んだBさんの給与格差のグラフを示します。

f:id:papache:20200405152731j:plain


同じスタートラインに立った二人の18歳

担当3級からのスタートです(大卒の場合は担当2級から)。


頑張りによって、ふらりの給与格差は10年後、¥29,140/月
13年後、¥50,460/月

20年後には¥92,680/月年収で100万円以上の差になります。


実際には、残業代や扶養手当等が含まれるからズレはあります。


新入社員の人たちには、どうせ同じスタートラインに立つのだから、

初めから仕事を真剣に取り組んで、評価されてほしいものです。

 

転職の場合

僕の場合、現在45歳で主任1級
頑張ったAさんより10年遅れてます。


35歳での中途採用だから仕方ないとも思いますが、

転職する場合には転職先での等級が下がるリスクがあることを心得たほうがいいです。


ゆえに、最初の会社を辞めなければ良かったと後悔しております。

 

参考に僕の等級は、
2008年10月1日中途入社~2012年:担当3級
2013年・2014年:担当2級
2015年:担当1級
2016年・2017年:主任2級
2018年・2019年・2020年:主任1級

 

中途採用だから仕方ないとの言葉に抑え込まれて、担当3級で5年過ごしました。

これはかなりの屈辱でした。


子どもを養わなければならない事実があるため、能力と等級が合ってないと積極的に意見させていただきました。

実際に、僕より等級が上の人に仕事を教えるというおかしなことも起こりました。


おかげで、新卒でまあまあ頑張った人の等級には追いつき追い越しましたが、

生え抜きのとても頑張った人には追い付けません。

これは仕方ないと思っています。

新卒で入った会社に捧げることは美しいことです。


社会人先輩としての言葉

新入社員が仕事をやる上で心がけてほしいことを社会人先輩として列挙します。


社会人としての自覚を持つこと

・健康管理も仕事うち
・給与は仕事の頑張りの対価

仕事を理解すること

・分からないことは分かるまで聞く
・自分の仕事の内容を理解する
・チームワークを大切にする

職場の上司、先輩と良い人間関係を作る

・挨拶が基本
・笑顔を忘れるな
・相手の目を見て話す・聞く
・職場のルールを守る


まずは、これらを守ってほしいです。そうすれば、先輩たちが優しくあなたをサポートしてくれます。

 

新入社員への期待

新入社員と僕たち社員は同じ釜の飯を食う仲間です。
新入社員が大きく成長することが会社の成長へとつながります。
どうか、先輩を仕事の能力で脅かす存在になってください。


まとめ

新入社員のみなさん、頑張れば出世していっぱい稼げます!
だから、報連相を実施して、積極的に仕事に取り組んでください。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

ランキングに参加中です♪応援クリックをいただけると とても嬉しいです♪ 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村