ぱぱちぇの心も身体も健やかになるブログ

心と身体を健やかに…そうやって生きていければどんなに素晴らしいだろう。まずは内臓脂肪を落とす。悩みも綴ります。

MENU

内臓脂肪が気になり出しての糖質制限

内臓脂肪が気になり出しての糖質制限

 

内臓脂肪が気になりだして、糖質制限を始めると不思議とおなかが空く感覚がなくなります。

これは本当に驚きで、朝食抜いて、仕事のタイミングが合わず昼食を食べ損ねて、仕事が遅くなったため帰宅後夕食抜いてすぐに寝た日がありました。

その日に摂った食べ物はゼロで、お茶とコーヒー(ブラック)のみです。

仕事が忙しく、他のことをする余裕がなかったこともありますが、全然問題なく過ごせました。

次の日の目覚めも良く、仕事も問題なくこなせました。

糖質制限大丈夫?と疑問を抱いている方や、継続できる?と不安な方は参考にしてみてください。

 

なぜ糖質制限をするとおなかが空かなくなるか

おなかが空いているときに、糖質を含む食事を摂ると、食後に血糖値が一気に上がります。

糖質制限をしていると、朝食抜きでもさほど空腹感を感じません。

米やうどんなどを食べて糖質を摂るから、血糖値が急上昇して、それが急降下したときに空腹感が生じます。

ゆえに、そもそも糖質を摂らなければ空腹感を感じないのです。

 

朝ごはんをしっかり摂ってじゃなかった?

朝食を摂らない生活を始めて1か月経過しております。

率直に全然問題ないです。朝は牛乳に青汁を溶かして飲んでます。

青汁はなんとなく身体に良さそうなイメージがあるから飲んでます。

これは、自分の中では朝食を摂っているのではなく、水分補給・栄養補給です。

パンとか米のようないわゆる朝飯(炭水化物)を摂ってないです。

f:id:papache:20191214091944j:plain

朝食(牛乳+青汁 炭水化物なし)

こんな感じでも職場で集中力が途切れることはありません。あたまも冴えてます。

おなかがグーグー鳴ることもないです。

 

糖質制限始めて間食も無くなった

糖質制限を始めると、米・うどん・パンを見ても、それらを食べようという気になれません。

それら炭水化物を摂るとそれが内臓脂肪になったらいやだと思い、また血糖値を乱高下させるので、それが下がる過程でまた空腹を感じてたくさん食べてしまうのではと不安を感じたりします。

食事で糖質を避けると空腹感を感じなくなるので、間食(おやつ)を摂らなくなります。

今までは、職場の売店で50円のチョコドーナツを買ってよく食べていたのですが、買わなくなりました。

これは、節約にもなりますし、健康に向かっている感じもします。メリットしかありません。

 

糖質制限を続けよう

当初はおなか周りが気になりだして始めた糖質制限。

体重も少しずつ減りだして、ちょっとした達成感を感じつつ継続しています。

最近はお通じもよく、睡眠もバッチリ(これは仕事のストレスがないからかも)!

健康に一歩一歩近づいている感じがします。

おなか周りが気になる方の参考になればうれしいです。

 

 

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

 

ブログランキングに参加してます。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村